悲鳴伝やっとよんだー

姫伝

俺が凄く可愛い子供だった頃、世界の人口は40数億人だと習った記憶がある
そして現在は気付かぬ間に66億だか67億とかになっているらしい
これはかなり急激な増加で、それは俺が生きている間に100億人を超えてしまうかも知れない勢いなのだそうだ

食物連鎖の頂点に立ってしまった人類は現在繁栄を誇っている
ただ昨今の地球温暖化・環境問題などを考えるに、そろそろキャパオーバーの兆候が多々あるのは否めない
もし地球に人格があるとしたら、この世に神が居るとするなら、
この星に仇為す増え過ぎた人類を間引こうとか排除しようとか考えてもおかしくはない

そんな人口問題と人類のエゴをテーマに今回の物語は大風呂敷を広げて来た、ようだ

とはいえ色々と壮大な伏線蒔きがされる中で物語の本流は
地球と戦う以前に内部抗争に明け暮れてちっとも進まないでござる
それどころか8割がた読み進んだ所で「次は1年後」と巨大な種が蒔かれるなんて・・・
ああ・・・この巻は設定披露、新参の足場固め、とひとまずは序章に過ぎないのね

感情に欠ける処のある主人公の感情の芽生えや成長を描くのか
人類と地球との善悪、価値観がひっくり返る葛藤を描くのか

欠ける処がある故に感情には流されないが
落ち着いて客観視できるが故に、諸々を汲み取る事は出来るヒーロー、次の活躍が楽しみっす

それとアニメの「刀語」も一気見した
凄く良かったけどヒロイン死んじゃうと後味悪いでしょー
あー、モヤモヤする・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみP.

Author:きみP.
こんな事して遊んでます。
  ↓

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
FC2カウンター
ニコニコ動画ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
フリーエリア