スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースの弦交換 ( Fender 7250M )

7250M

これまでオーソドックスにダダリオのニッケルラウンドワウンドを愛用していたのだけど、
近頃はどうも各弦の音色の違いなんかが気になっていたりした。
異弦同音でも音量や音色が随分と違ってるように感じるんだよね。

で、たまには違うのを試してみようかと考えて買ってみた毛色の違う某弦は、
世間の評判をよそに俺的には最悪の結果を招いたりして、
3日と経たずに剥ぎ取る結果と相成りました。高かったのに・・・orz

それを踏まえて?次に選んだのがコレだ

Fender 7250M

どうしてこれを選択したのかといえば、
社内の喫煙スペースでギターに詳しいオッサンが、煙を吐くついでとばかりにこれを薦めたからだ。
胡散臭ぇ・・・ぃゃ煙てぇ・・・。

でも・・・うわ、ヤヴァイ・・・思ってたより世間の評判より全然良い、てか凄くベースらしい音がする。
なぜか予想外の感動。

一言でいうと落ち着いた音、柔らかいけど芯がある感じ。
特に4弦の鳴り具合が好ましい。
落ち着いた音色だからか4本の弦がかなり統一された音色に感じる。狙い通りドンピシャの弦でした。
これ張って初めて自分のジャズベが、手に入れる以前に想像してたジャズベの音になった気がする。
流石は本家フェンダー、流石はギター歴30年を豪語するオッサン。

でも押弦が甘いとすぐにビビる、音色は落ち着いてるのにチョッと過敏な変わった感じ。
張りたてだからかとも思ったがそうでもなさそう。
しかし雑な俺にはこれもまたちょうど良い感じ、丁寧さを心掛けよとの啓示か・・・。

coolZ(Fujigen)のジャズベがジャズベっぽくないとお感じの貴方、
この弦だとかなりジャズベっぽくなりますぞ、お奨め・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器・音楽をエンジョイ♪
ジャンル : 趣味・実用

川原礫とポンタカード

REKI

まぁ、近頃は忙しい中こっそりアニメとかも観てるんですけど・・・。
西尾維新に続いて川原礫とかにも感動してしまいまして

「アクセル・ワールド」12巻
「ソードアート・オンライン」11巻

とか大人買いして読んでます。
ソードアートの方はまだ途中ですが、アクセルの方が好きっぽい。
まぁ、両方共凄く面白いのだが・・・。

話は変わって、こういったCDや本は主にアマゾンで手に入れているのですが、
セット売りしててポイント加算があったので、かなり久々にHMVで購入してみた。

HMVといえばかつて音楽CD購入でメインを為し、
履歴でン十万円に達しようかというほどヘビーに利用していたのですが、
HPが観難く改悪された時に、これまで発送の遅さや在庫の曖昧さに辟易していた事もあって
アマゾンメインに乗り換えたという過去があったのでした。

今回はローソンの系列になって初の利用という事もあり、
ポンタカードを作成したりしながら期待を込めてのポチりと相成ったのでした。

駄目だ~っ!全く改善してやがらねぇ!

アマゾンのロジスティクスが怖ろしいほどにまで進化する中、
HMVは相変わらずというか期待通りのモタツキ具合でした。
アマゾンは納税云々でできれば避けたいと常々思っていたが、
これでわとてもじゃないが代替できそうにありません。

今回、得た教訓・・・にしてもポンタカード、あれは良いものだ。

レジで「ポイントカードをお持ちじゃ?・・・」
云々って訊かれなくなったもんw

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

テレキャスター

オーラ!・・・新年おめでとう、とまぁ久々に更新
はじめに前の記事はアンシュミでわなくてアンシミュだな・・・と数ヶ月の恥を訂正w
ベースのピックアップ交換に関しては、実は当初はうーんと唸る感じだったが、段々と良くなって来た。
特にピックアックの高さをチョイと低めに調整してからはかなり具合が良い。
結構パワーのあるピックアップなので弦から離しても問題なく、音に輪郭が出る感じになって非常に好感触。

こっそり弾いて少しづつながらも上達しているのか、近頃無性にギターが欲しくなってしまった。
「俺ってギターも弾けるんでね?」とまぁ、ちょっと指が動くようになっての勘違い?
いや、ベース上達のための肥しに一本は必要だろ?とか・・・
これまで黙ってたけど和音を弾きたくて堪らなかったんだ、とか・・・言い訳はさておき

実は近頃手荒れが酷くてベースの指弾きが辛い!ってのが事の真相であった。

でもって苦手なピック弾きをするならギターに持ち替えても変わらんだろ、と。
まぁ、目先を色々と変えたい季節なので思い切って憧れのギターを買ってみる事にした。
ていうか10代20代の頃には一度も買わず終いだったのに、
オッサンになって初めてギター買うって凄い違和感在るよな。

テレキャス

Fender Standard Telecaster

またレフティでサンバーストかよ!!と言う突っ込みは無しな。
ちなみにアメでもジャパンでも無くメヒコ。
モデルチェンジの時期なのか生産終了で特価。

メイプルの棒に直接フレットを打ち付けたような1ピースのネック!
コンターの無いビート板みたいな平面ボディ!
弦を裏通ししてガッツリ繋ぐシンプルなブリッジ!
とまぁ、以前からもし買うなら憧れのテレキャスしかないと・・・。ミーハーでスイマセン。

でもって、造りはかなり良い感じで、世間で言われる荒いとか隙間が有るとか言うのは全く無い。
電装のザグリ内も導電塗料が塗ってありきちんとアース結線されてましたし。
ボディもぱっと見1ピースかと思うほど継ぎ目が判らず安っぽさは無い。
まぁ木目がハッキリ出るほどの材を使っていないと言う事かもしれませんが・・・。

気になるのはペグなどのパーツのグレードがちょいとばかり低そうな事と
5弦6弦のネック寄り押さえると少しビビッてて何かしら調整が必要っぽい事か・・・。

で、ベースアンプに繋いで弾く!

う~ん、下手っ!てかまともに弾けてすら無い。

具体的にはチマチマしてて抑え辛い、単音弾きしか出来ずしかも遅い・・・。
猿でも弾けるギター入門とか買ってベース同様チマチマと上達して行けたらと思う。
人生まだまだ長いのだから・・・チャオ!

テーマ : 楽器・音楽をエンジョイ♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

きみP.

Author:きみP.
こんな事して遊んでます。
  ↓

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
FC2カウンター
ニコニコ動画ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。