ベースの内部換装

レフティの3トーンサンバーストのジャズベース、澪・・・もとい雅ちゃんの内部配線とピックアップを換装してみた
ちなみに雅ちゃんの正式名称はCOOLZ ZJB-1R/Lと言います、よろしく

ある日ふと思った
「トーンの効きが気に食わねー」
とはいえこれまで常に全開で絞った事など皆無だったのだが・・・まぁ、思い付きだ
更にちょっとパーツを換えた位では絶対に判らない自信があるので総取っ換えする事にする

改造しちゃう俺カッコイイ!えへんっ!・・・
上級機並の音を手に入れちゃうぜ!うはぁ!・・・と、以下痛い流れで進んでいく訳だ

換装前の内部
SJB-2 3
ZJB-1Rは右用なら7万円くらいの普及機だから中身を見れば
「やっぱ見えない所は手抜きだよなー、この程度のパーツをケチりやがってぇー」
ってのを実は期待していたのだが・・・

驚くほど良く出来てます!

ピックアップまで含めた各ザグリの中にノイズ対策と思われる導電塗料がしっかりと塗られてあり
全てのザグリにアースが接続してあります
勿論ブリッジに行く弦アースもしっかり接続してあるみたい、流石は富士弦製

ボディ・ネックの木工の方もしっかりしているので
初心者でもこの位のクラスのモノを是非に、と言われるのがよく判る

ZJB-1Rとその原型であろうフジゲンのNCJB-10Rはちょっと音が硬めな感じだけど
しっかり丁寧に作られてあって、流石は国産と唸らされる逸品でありました、ちゃんちゃん
SJB-2 2
更に換装予定のUSA製パーツと比べてもあまり遜色無さげ・・・
弄る必要ないじゃん!言っちゃったー

更にUSA製のポッドの一つは動きが渋いし・・・
まぁこの時点でかなり甲斐を削がれてしまってる訳だが、諸々2万円のパーツも来てる事だし

で、完成
SJB-2.jpg

ピックアップはSeymourDuncanのSJB-2
ボリューム、トーンポッドはCTS製
コンデンサーはオレンジドロップ、と定番の組み合わせな訳だ、どうだっ!

上の画像ではピックアップのカバーでダンカン換装だと判るが、
結局ザグリにキツキツだったので、内寸は同じだった純正のカバーに戻した
つまり痛い俺にとって大事な見た目のスペシャリティー感は皆無になってしまったという訳だw

とはいえ音が良ければ「私脱いだら凄いの」感?をも演出してしまうであろう
さり気無くも通っぽい外観を奇しくも手に入れてしまったのである

で、肝心の音は?・・・






お、音量上がったかなー?

その程度かよっ!!!
役立たずで本当すんません・・・
スポンサーサイト

テーマ : 楽器・音楽をエンジョイ♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

きみP.

Author:きみP.
こんな事して遊んでます。
  ↓

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
FC2カウンター
ニコニコ動画ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
フリーエリア